病気を防ぐ食卓の健康診断

病気をせず健康こそが幸福な生活の大前提で、普段の食生活によって大きく変わってきます。
項目としてはスナック菓子や清涼飲料水などおやつ類の取り方、食事のときに食べ物に好き嫌いなく腹八分目に食べているか、肉または魚ばかりといった偏った食べ方をせず交互に食べているかなどです。
年齢と共に身体の不調や病気がちなる心配があります。
バランスよく食べて添加物などの防衛体質を作るようにするため、一日に30食品食べることが理想となっています。
食べ物にもさまざまな栄養価が存在しており、ほうれん草、トマト、かぼちゃなどの緑黄色野菜はガンを予防してくれるビタミンAが豊富で、さといも、やまいも、さつまいもなどは便秘やコレステロールの除去、納豆、豆腐などの大豆製品にはがん予防や老化防止、大気汚染にも有効なビタミンEが豊富とそれぞれに特徴があります。
また、加工食品は購入するとき、値段だけでなく表示されている内容を確認して気を配る心構えも必要です。

プライベート感覚でリラックスダイビング

お酒の空きボトル回収中

毎日釣具入荷中

夜でも静かにお引越し

いらないジュエリー、お持ちですか?

食べ物 病気関連一覧

人間が摂取する食べ物によって、病気をする可能性にかなりの影響を与えると言われています。
食べ物

食べ物と病気について

ほとんどの病気に関わっているもの、それは活性酸素です。
しかし、生きている以上は活性酸素の発生

ライチの強力な抗酸化力

活性酸素は老化や病気の原因になるので、何が何でも増加させないように注意しなければいけません。

ライチを食べて活性酸素を除去しよう

Copyright(c) 食べ物 病気 All Rights Reserved.